自己流と間違ったダイビングスキルを改善しています

ダイブマスターコース、それはダイビングのプロフェッショナルコースのはじめの一歩である。

プロダイバーとして活動したい!そんな想いは一昔前で今は上達したいから、より安全に潜りたいからという理由の方が多いです。今回の受講生もそんな想いを描くダイバーです。

という事で本日からプロダイバーコーススタートです。受講生は先日レスキューコースが修了したメンバー。

初日は何をするかといいますとまぁそれは人それぞれで異なりますが今日はこんな事をしてました。

何かモタついてます(笑)


どうやら水中でウエイト脱着をしているようですね。OWDコース以来、実践で行う事もないのでやり方を忘れてしまってますね。

そして彼は砂埃だけを残し消えていきました。。。。完!

ってのは冗談です(笑)

初日はスキル練習してました。このスキル最初の講習で学んだトラブル対応のスキルです。でもこれってほぼ講習の時だけって事が多いんですよね。

たまに実践で使う事がある場合もあるけどほとんどが講習の時だけ、もしくはその後はうろ覚えで自己流になってる事が多いです。

でもプロになるとスキルが出来るは当然でスキルを見せる事が出来なければなりません。

なのでまずはスキルを覚えてる範囲でやってもらって正しいスキルを教えるという事を前半はやってました。

後半は学んだ事を自主練、でもただ出来るだけじゃダメで見せるようにしゃなきゃいけないので新人が目の前にいると思って自主練してもらいます。

その間なかっちょは周辺でブラリ旅です。周辺って言っても1mぐらいしか離れてないけど。

イダテンギンポ撮影したり

クモハゼ撮影したり、他にも何か生物いないかブラリ旅してました。

一方メンバーは

どうやったら伝わるか悩みつつ

ひたすら自主練を繰り返してました。

前半よりは改善されたかな。でもまだまだ先は長い、練習あるのみです。

【公式LINE登録で簡単やり取りが可能です】
友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
\VERRYS(ベリーズ)のダイビングスクール/

プライベートレッスンだから個人のペースで最新の知識と技術を身につける事ができます。

関連ページ:【長崎でダイバーになる】

目次
閉じる