ダイビングショップVERRYS

長崎市内のPADIダイビングショップです。

スマートフォンの200Mまで耐えれる防水ケースmpac+Dive、実際に使ってみた

50 views
約 4 分

開封編より8ヶ月も経過しちゃいました。単に忘れてただけです(^^ゞ

 

開封編の翌日には早速使ってみましたよ。結果は無事に使えました♪

 

今回使用した防水ケースは『mpac+Dive』です。

 

【200Mまで耐える防水スマートフォンケースmpac+Dive開封編】

信頼はしてますが絶対はないですからね。水没しないかホント心配しましたよ。

 

何せ使用するのは携帯として使用しているiphoneです。水没したら携帯が使えない&修理代がかかるのでドキドキでした。

 

が、結果は取り越し苦労でした。あんな簡易な感じでもしっかりと防水機能は果たしてましたよ。浸水しないのが不思議なくらい簡易です。

 

特殊ジェル搭載により水中でもシュシュっと指でスワイプが高確率で出来ました。

 

高確率?そう、たまに出来ませんでした(^^ゞ

 

だけど概ね良好な操作です。たまに反応しない時は力込めてやってみたりしたので親指がちょっと痛くなりましたがね(;・∀・)

 

水深20M付近でゲスト撮影してみました。う~ん記念撮影レベルっすね(笑)

 

付属品で色フィルターがついてたのでこんな感じに色合いが補正されてますがこれしてるの忘れて浅場で撮影しちゃうとこんな感じになります。

 

画面見ながらフィルターつけるか判断した方が良いですね。

 

カメラ以外に使用できるのか?水中から写真UPは?

通常特殊なケースじゃないと水中では使用できませんでしたが今回の商品はスマートフォンをそのまま使用できる状態ですのでカメラ以外にも使用可能かどうかやってみました。

 

ってカメラ以外って音楽ぐらいしかありませんけどね。水中で音楽を再生してもちゃんと聞こえましたよ^^

 

と言ってもこもったような音質になってしまいます。だってケースに入ってますからね。ってかダイビング中に音楽なんか聞かないですね(^_^;)

 

一番やってみたかった水中からの写真UP

 

出来ましたよ\(^o^)/

 

こちらの写真、ダイビング中にFacebookページにUPしました。

 

なかっちょの携帯は格安SIMで使用してますが回線はドコモなのでいけるかな?と思いましたが流石に携帯会社も水中で使用する事までは想定してなかったんでしょうね。

 

水深30cm超えるとほぼ圏外でした。たまにギリギリ電波拾ってたりしましたがほぼ圏外です。この写真も圏外状態だったので一度携帯を水面から出し電波をキャッチしたら急いで水中に戻して圏外になる前に写真UPという手順でダイビングなう@水中という作品に仕上がりました。

 

 

ほぼ力技ですね(笑)

 

結論、おすすめできるのか?

んー悩ましい所です。今使用しているスマフォで使用したいなら水没する危険性は考慮しておきましょう。

 

使ってないスマフォがあって安く水中写真が取りたいならオススメしても良いかな。でもそんなに良い感じには取れないからお財布に余裕があればケースいらずの防水仕様カメラ購入をオススメします。

 

一番おすすめできるのはプロダイバーの方々、特にリゾートでガイドしてる方々です。万が一漂流してしまった時に連絡が取れるからです。まぁ電波が入る範囲に限りますがね。

 

結論、一般ダイバーは安く水中写真を始めたいし使ってないスマフォがあるならオススメ。これから水中写真をやってみたいならちゃんとカメラを購入がオススメです。

 

プロダイバーは安全のためあると良いかなと思います。

 

以上、とっても遅くなりましたが『mpac+Dive』を実際に使ってみた感想でした。

 

試しに使ってみたい方はご予約の際お伝え下さい。1つありますよ♪

51 views