秋の魚といえば?

今日は昼からファンダイビング、海に行くと普段は見かけない一般人達が市内方面を見つめてます。中には双眼鏡を持ってる方も。ブルーインパルスの練習があったみたいですね。

知らないなかっちょはえっ?あの浮かんでる外国船何か事故起こしてんのかな?と1人空じゃなく海の方を見てました(笑)

ブルーインパルスは辰ノ口上空も飛んだのでバッチリ見ましたよ^^

さて問題、ダイビング的秋の魚といえば何でしょう?

正解は『カマス』です。正確には今日のメンバーがカマス好きでこの時期はカマス撮影に情熱を燃やしてるのでカマスを見ると秋だなと感じるだけなんですけどね(笑)

という事で今日はカマス狙い、ついでタコの卵も狙ってみました。台風前は大きいカマスいたし毎年浅場でもタコの卵見れてるのでどちらか当たれば良いな。

という淡い期待は叶わず、いつものタコの産卵場所は今回の台風で砂で埋もれて使えなくなりました。カマスも探すけれどおらず。

熱心に撮影しているのは辰ノ口では5~10月が繁殖期の

ニジギンポの卵、こちらは孵化近いですが反対側にはまだ産んで間もない卵がありました。メンバーも良い感じに撮影出来たみたい^^

カマス狙いもあったけど干潮だったので中央口エリアの浅瀬を探索、普段訪れないエリアには見事な氷の山がありました。

白化したサンゴです。凍った山みたいに見えた。

台風でテトラに一時避難していたイシモチ幼魚は外に出てきてくれてスゲーって感動したんだけど

反対側の方がもっと凄かった\(^o^)/

こっち側きたのは当然カマス探索、諦めなかったおかげで念願のカマス!でも小さい、数も少ない!!

ので

カマス撮影するメンバーを撮影するのが限界でした_(┐「ε:)_ズコー

まぁこれから数増やし大きく成長するので見やすくなるはず!

海水温、26.4度でした。

【公式LINE登録で簡単やり取りが可能です】
友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
\VERRYS(ベリーズ)のファンダイビング/

少人数貸切りスタイルだから初心者ダイバーでも気軽に楽しめます

関連ページ:【長崎でファンダイビング】

目次