ダイビングショップ ベリーズ

長崎市南部ダイビングショップ

険しきプロダイバーへの道

約4分

長い道のりもようやく後僅か、今月末にはまた1人プロダイバーが誕生する予定です。

そんなプロ候補生、これまでのアマチュアレベルとは一線を画する講習内容に『プロ道は険しいです!』と昨日もLINEのやり取りで言われました。ただ躓いてる内容は記憶力が問題でプロ道とは一切関係ないんだけどね(笑)

覚えられない、そんな自分に苛立ちつつも最終段階まで間に合わせたプロ候補生、毎度の如くレギュレーターの器材セッティングで『見えやすいようにこちらを向きますね~』と横を向く。

それじゃ手前は見えても奥はどうなってるか全然判りませんよ。そう伝えると『そうか、私バカ~!もう何で横向くのかしら!!』自分の不甲斐なさに嘆くプロ候補生、先週もというか毎回横を向く癖を指摘されています。でも最終段階、さすがに調整してきたようです。

 

『見えやすいように横向いてやりますね~』。。。いや最初から横向き!悪い方に調整されてしまったようです(笑) という事で今日も指摘しましたが多分次回も間違えるんだろうな~(ヽ´ω`)

さて最終段階という事で一連の流れでガイドをやっていく練習をしています。

 

MAPを使用してどんなポイントを潜るのか?まだカンペ見つつですがブリーフィングも板についてきました。ちなみにブログにしてなかったけど前回はなぜか頑張って作った水中MAPを見せないブリーフィングをしてました。それに比べればグンッと成長してます。

 

ブリーフィングも無事終わり、いざ水中世界へ!!

ちゃんとゲストがついてきてるか逐一チェックしてます。安全管理は叩き込んだのでしっかり身についてます。良き良き♪

 

 

さぁ会場につきました。本番でもガイドする『三本根』です。どんなガイドをしてくれるのか楽しみ~♪

おっ!?早速生物を紹介してくれるようです。颯爽と右人差し指で岩を指します。。。。ドコ?(笑)

さらに生物を紹介してくれます。颯爽と右、、以下同文。

さすがにこれじゃイカンと判らない感じを出すと近づいて生物を指しスレートに書き込みます。

 

『ウミウシとカサゴ(注意)』、いやウミウシは判るので名前を教えてほしかった(笑)

この事がキッカケでウミウシが目につきはじめたのかその後も華麗に紹介してくれます。彼女のスレートに書かれるのは勿論『ウミウシ』。いやだから何のウミウシ(笑)

おっと今度はウミウシがいない所でスレートに書き込んでます。ウミウシ意外も紹介してくれるようです。

 

『そうじ中、カサゴとベラ』。いや言いたい事は判るんだけどそれ正確には『カサゴがクリーニングされてる!』か『カサゴがホンソメワケベラにクリーニングされてる!』だと思います。

なかなか生物の名前が出てこない、けど何か紹介しなければそんな心理状態に陥ったプロ候補生は一生懸命生物探索しています。

 

そんな時ほど頭上では群れが形成されてるのです(笑)

気配を感じたのでしょう、群れに気づいたプロ候補生、素早く後ろを振り返りスレートに書き込みます。

『むれとタイ』。いや見りゃ判る(笑) せめてキビナゴと書いてほしかったです。

当初の予定ではダイブタイム40分でした。ゆっくりガイドしてるつもりでも慣れない内はよく有る事なのですが

 

20分で戻ってきてしまいました(^_^;)

さてここからどうする?再度廻るのか?それとも内陸部を探索するのか?このエリア近辺でマクロを探すのか?彼女が下した決断は

 

帰るでした。いや早いって(笑)

早いと判っていても後は戻るだけ、そう安堵したのでしょう。その後プロ候補生は脇目も振らず突き進み、途中方向を間違え修正したらぶつかってきて

 

気づけば浮上し

 

光の彼方へ消えていったのでした。

 

~~~完~~~

 

 

 

 

 

いや、アカーン!(笑)

とまぁネタ風に書いてますがやるべき事は出来てたので残り僅かの練習時間でどこまで磨き上げられるか楽しみです(^^)

 

海水温、15.8~16度でした。

【公式LINE登録で気軽で簡単やり取りが可能です♪】
友だち追加